バスフォーラム鹿児島

南国交通のおしゃかさま8号車

バスフォーラム鹿児島おしゃかさま総合南国交通系車両研究過去に活躍した南国交通系のバス >おしゃかさま8号車

back.gif next.gif

0609.jpg  0609_01.jpg

元「鹿22か・609」。南国交通初の冷房付路線車としてデビューし、姶良ニュータウン線の開通式でテープカットに並んだ車である。

もともと南国交通はトップドアの路線車を数多く所有していたが、後に後乗りを採用するようになると、市街地でトップドアは使いにくかったのか、出水・川内地区にトップドアを全て集めてしまった。この車も、末期は出水で走っていたものと思われる。

いすゞ BU04/川重 1975 吉田町東佐多浦 2001.4

〔鹿22か・609の詳細〕

おしゃか  後ろ姿

元「鹿22か・609」。上段の場所から、川を渡って場所を移動している。

鉄の価格の高騰も手伝って、各地のおしゃかが次々と姿を消していく中、現在も大切にされている稀少な存在である。

製造から30年を過ぎて、屋根のない環境でこれだけの状態を維持しているのは、素晴らしいの一言だ。

いすゞ BU04/川重 1975 鹿児島市東佐多町 2011.7

〔鹿22か・609の詳細〕

おしゃか  後ろ姿

バスはおろか、軽自動車でも運転に気を遣うような細い道を上っていくと、目の前に飛び込んでくるバスの後ろ姿。どうしてわざわざこんな場所にこのバスがあるのか、不思議なところに存在する。地元の方でも目にする機会はほとんどないらしく、仕事柄地理に詳しい方の力を借りて、目撃情報から探し当てた。

中扉改造を受けないまま、トップドアで活躍したRVで、鹿22か・531、・532、・536のいずれかだろうと推測する。

場所柄、いたずらをされることもなく、屋根をかけられているおかげで痛みも少なく、程度は極上である。方向幕もそのまま残っており、少し整備すれば、そのまま走れそうな印象を受ける。車内は、農業用倉庫として使われているようだ。

日野 RV730P/金産 1975 薩摩川内市祁答院町上手 2011.2

沈められる寸前  船積み状況

錦江湾の魚たちの住まいとして、鹿児島市の事業で沈められたバス。その、沈められる寸前の記録である。

いすゞ BU04/川重 錦江湾(花倉沖) 1980.12  写真提供:鹿児島市広報課

kozako.jpg 後ろ姿

元「鹿22か・734」。県道25号沿いに置かれていたおしゃかなのだが、窓にはなぜか障子が収まっており、不思議な和の雰囲気が特徴。道路拡幅に伴い、なんと場所が移動した。

日野 RV531P/日野 1978 写真左:吉田町宮之浦 1999.2 写真提供:saipyo 写真右:吉田町宮之浦 1999.12【撤去済み】

〔鹿22か・734の詳細〕

このページのTOPへ
back.gif next.gif