バスフォーラム鹿児島

南国交通のおしゃかさま4号車

バスフォーラム鹿児島おしゃかさま総合南国交通系車両研究過去に活躍した南国交通系のバス >おしゃかさま4号車

back.gif next.gif

0930.jpg  0930_01.jpg

もと「鹿22か・930」なんとなく南国交通の雰囲気を残して再塗装されているのが愛らしい(笑)

建設会社の倉庫として使われているようだが、方向幕は完全に残っている。それにしても、屋根の上にまで物を置かないといけなかったのか?

いすゞ BU10K/川重 1979 鹿児島市谷山港 2000.4

〔鹿22か・930の詳細〕

0933.jpg  0933_01.jpg

もと「鹿22か・933」正面の「長田陸橋」が南国交通を主張している。ここまできれいに再塗装されているからには何かに活用されていそうな気もするが、現在は倉庫として使われているに過ぎない。

リアアンダーフロアーエンジンで、外観はスッキリした印象を受けるが、エンジンのノイズはまだ大きく、走行中は大きな声で話さないと話ができないほどだった。

いすゞ BU10K/川重 1979 串木野市京町 2000.4【撤去済み】

〔鹿22か・933の詳細〕

1010.jpg  1010_01.jpg

もと「鹿22か1010」。南国交通は、どうも最近解体をせずに全て払い下げをしているのではないかと思うほど「おしゃか」を大勢生み出している。方向幕が入ったままで、なんとなく(笑)置かれているその姿は、不思議に悲しさを誘う。

現役時代は、何かと腐食に悩まされた富士3Eボディーだが、おしゃかになってからの評判はいかに?

いすゞ K-CPM520/富士 1980 川辺町神殿 2003.4 情報提供:パストラルローザ【撤去済み】

〔鹿22か1010の詳細〕

0189.jpg  0189_01.jpg

こちらは、民家の倉庫。もと「鹿22か・189」である。

とにかく、どうやってここまで入れたのか不思議な場所に置かれている。もと鹿児島営業所の所属だったらしく、方向幕の一覧表が車内に残っていた。

日野 RC320P/富士 1972 松元町小中原 2001.7 情報提供:nansyu-bus

〔鹿22か・189の詳細〕

kurohama_01.jpg  kurohama.jpg

阿久根市の海沿いの細道を走ると草むらにおしゃかが埋もれていた。これは南国交通では珍しい三菱ふそうの廃車体である。

主に溝辺方面で活躍していた車だそうだ。

三菱ふそう B805L/呉羽 1972 阿久根市深田 2002.2 情報提供:ふじさん

このページのTOPへ
back.gif next.gif