バスフォーラム鹿児島

バスフォーラム鹿児島バス事業者別目次 >鹿児島市営バス車両研究

エアロスター

市営バス鹿児島市営バスについて

鹿児島市営バスは、04年の合併前の5町を除く市域をエリアとし、従来からの本局(中央営業所)、北営業所の2拠点に、旧桜島町との合併により、桜島営業所が加わった。15年5月には、移転を伴う交通局庁舎の建替が行われ、従来の本局は新栄営業所と浜町営業所に機能分散が図られた。

車両は、ツーステップ時代は、前面1枚ガラス、オーバーラップワイパーに代表される外観が特徴。

路線車は、ノンステエアサス大型車が主力であり、市長公約に沿った低公害バスが選択されている。現時点で、移籍車の投入はまったくない。貸切車は、全車が本局で集中管理されるが、北営業所を除く各営業所に分散配置させている。

このページのTOPへ