バスフォーラム鹿児島

バスフォーラム鹿児島バス事業者別目次 >しまバス車両研究

エアロバス

しまバスしまバスのバスについて

しまバスは、奄美大島全域の路線バスと、貸切バスを運行している。元は、岩崎バスという名称で、貸切バスのほか、旧名瀬市内と龍郷町、空港方面の路線バスを運行していたが、奄美交通の撤退により、一時的な競合の末、08年に同社の車両及び従業員を引き継いで、事業を継承し、道の島交通となった。14年、奄美観光バスを吸収するとともに、現社名に改称された。

路線車は、従来の岩崎バス時代の車両は1台の大型と、わずかに小型が残るのみとなり、旧奄美交通の車両と、新たに導入した移籍車で構成されており、全体的に小型化が進んでいる。貸切車は、奄美交通、奄美観光バスからの引継ぎのほか、岩崎バス時代からの移籍車で各車種が揃っている。

関連会社が、方向幕のデザインや、車体ラッピングを手掛けているほか、市民参加型の企画発案や、webによる情報発信にも積極的で、厳しい状況ながら、バスの活気を感じられる事業者である。

このページのTOPへ